スプリンターズステークス 2016 予想

スプリンターズステークス2016の予想です。JRA重賞では現在1番人気が10連勝中。ここはビッグアーサーが1番人気になりそうですが前走逃げる競馬をした事で追い切りでは掛かる面を見せたようで気になりますね。今回は気になる穴馬がたくさんいて悩みましたが、◎はその中からアノ馬にしました。

スプリンターズステークス2016の気になる穴馬

姉妹ブログだいたい来るよーではビッグアーサーが軸馬になりました。ただ、前走は何もかもうまくいった+初めて逃げる競馬をした馬が1番人気、追い切りでは掛かる面を見せた・・・これは昨年私が◎を打ってしまったベルカントと酷似。昨年の反省があるのでこの馬にはちょっと◎は打てないです。。。

またスプリンターズステークス 2016 枠順確定&展望記事まとめで書いた通り、路盤改修工事後、2015年以降の9~10月中山芝1200戦馬番別成績(2歳戦を除く)を見ると、13番~16番は【0.1.0.35】で連対したのは1番人気馬1頭だけなので、外枠もかなり不利になってる印象。高松宮記念2着ミッキーアイルは稽古内容も不満でこの枠なのでこれもあまり買いたくないです。

レッドファルクスは今のような馬場は合うと思いますし、前日から大量投票も入ってるので気持ち悪いですが、これも外枠。そしてこの馬の場合CBC賞の内容もあまり評価したくないんですよね。CBC賞は馬場が良かったとはいえ真ん中4Fがすべて10秒台という相当なハイペース。2着ラヴァーズポイントは斤量が増えたセントウルSでも穴を開けてますし、3着ベルカントはその後アイビスSD1着、北九州記念2着と好走してますからそんなCBC賞を差して勝った馬が2番人気というのは売れすぎな気がします。

4番人気ダンスディレクターはビッグアーサーと3回やって2勝している力のある馬、さらに叩き2戦目に滅法強い馬ですが、1週前追い切りの内容がいつもと違ってる点が気がかり。

・・・と上位人気はどれもそれなりに死角があると感じるのが今年のスプリンターズステークス。しかも魅力的な穴馬も多いです。

最終的に単勝20倍以上つきそうなところで気になる馬を書いていくと

ティーハーフ・・・今年は高松宮記念で上がり2位、セントウルSで上がり1位をマークと「差し」の決まる馬場で怖い存在。休み明けはトータル【0.1.2.5】の馬なので前走の敗戦は度外視できますし、今回は追い切りの動きが好調時のそれ。昨年は1週前追い切りをやりすぎた反動が出て、最終追い切りがひどく消化不良に終わったので陣営はリベンジに燃えてるんじゃないでしょうか。

ソルヴェイグ・・・馬場が変わった昨年の1~3着馬はいずれも1400以上に実績あるニジンスキー系内包馬。ダイワメジャー産駒現3歳世代は中山芝1200で【2.3.0.6】連対率45.5%と走ってますし、今開催も3頭が走って7.2.2着、土曜日も1つ下の世代ですがカンナSで7番人気馬が3着に好走しています。

ベルカント・・・昨年◎を打つも大敗された馬ですが、その昨年は明らかに調子落ちでした。昨年は追い切りの時点で中盤に加速のない異変があったんですが、今年はいつも通りのラップを踏めてますし、ふだんは内ラチ沿いを走らせて稽古する馬が1週前追い切りでは外ラチ沿いを走る意欲的な調整ができています。バクシンオー産駒の相性悪いレースですが、消耗戦が得意なのでスタートから下り坂で前傾ラップになりやすい中山芝1200は本来悪くないはず。さらに今開催の中山芝コースは全体的にボールドルーラー系内包馬が好調なのですが、この馬は母父ボストンハーバーがボールドルーラー系なので牝系は魅力。昨年2番人気だった馬が今年は2ケタ人気でお買い得。

スノードラゴン・・・一昨年新潟開催時の◎でお世話になった馬。毎週坂路の時計を観てますが今季はずっと好気配。映像で観ても2年前に近いデキにあると思います。高齢ですけどまだまだやれそう。コース替り、時計の掛かる馬場が魅力。

サクラゴスペル・・・過去10年でリピーターは5頭出てるレースですが昨年2着でリピーター候補。オーシャンC1着もあるし中山芝1200適正はここでは上位。馬場が変わった昨年の1~3着馬はいずれも1400以上に実績あるニジンスキー系内包馬。またその昨年は2頭しか出走していなかったバウンド短縮(前走で距離延長して今回が距離短縮)というローテの馬が2.4着で、今年はそれがこの馬1頭だけ。京王杯SCの内容も距離短縮でこそ買いたい内容でした。

サトノルパン・・・京阪杯ではビッグアーサーに先着、シルクロードSではビッグアーサーよりも重いハンデを背負ってビッグアーサーとクビ差の競馬あり。ゲートが決まれば。前日大量買い。

レッドアリオン・・・スプリント重賞の穴馬はとにかくマイル路線から降りてきた馬が多いですがこの馬も2走前まではマイル路線にいた馬。サトノルパンの兄ですから1200で大駆けあってもおかしくはないはず。これまでマイル路線では外から揉まれない位置で先行できないと凡走ばかりだった馬が、前走セントウルSは馬群の中で脚を貯めて直線で差す競馬ができてました。ゴール板少し前で2.3着馬の間を狙って進路を取ろうとするのですが、そこが狭くなって手綱を引くシーンも。この不利がなければ掲示板以上はあったと思います。

以上7頭にはかなり惹かれるものがありますね。◎はここから選ぶ事にしました。

スプリンターズステークスの本命馬は?

穴馬7頭はどれも魅力的なのですが・・・最終的に「お得感」で◎を決定しました。

本命はスノードラゴン。この馬は時計掛かる馬場でこそのタイプですが、昨年のスプリンターズSの勝ち時計は1分8秒1.さらに今開催の中山は全体的に時計が掛かってる印象もありますし、同じ週に行われた芝1200戦3鞍を昨年と今年で書き並べると・・・

新馬
昨年 1分10秒4
今年 1分9秒8

2歳未勝利
昨年 1分9秒2
今年 1分10秒5

カンナS
昨年 1分8秒7
今年 1分9秒1

新馬戦は今年の方が速いですが、昨年は日曜日に組まれていたんですよね。土曜日に組まれた2歳未勝利、カンナSだけで見ると今年の方が時計が掛かってる印象です。

スプリンターズSは昨年は前半3F34.1とそれほど流れなかったので、ペースが上がれば時計が速くなる可能性はありますが、それでもふつうに考えれば昨年並みか昨年より掛かる可能性はありそうです。

◎スノードラゴンは基本的には1分6~7秒台の決着では買えないタイプ。しかし今年JRAで走ったレースの時計やオッズをみると

オーシャンS 勝ち時計1分7秒5 単勝21倍の8番人気で3着
高松宮記念 勝ち時計1分6秒7のレコード 単勝14.9倍の6番人気で7着
CBC賞 勝ち時計1分7秒2 単勝9.3倍の5番人気で6着
セントウルS 勝ち時計1分7秒6 単勝19倍の6番人気で5着

すべて7秒台決着のレースばかりなのに、今回よりも売れていたんですよね。

今回は8秒台決着が見込めて、尚且つ上記4走のどれよりも人気がない(前売り単勝30倍越えの2ケタ人気)

お得感でこの馬に勝る馬はいないと思います。

馬券はまず単複。

それ以外は全部豆券で手広く。だいたい来るよーで該当しちゃったので〇ビッグアーサー、そのビッグアーサーに先着経験のある▲ダンスディレクター、△サトノルパン、あとは若くて追い切りの印象がかなりいい△シュウジの4頭と組んでまず三連複。

さらに先に挙げた気になる穴馬6頭へのワイドを100円ずつ、マイルG1で好走歴ある馬がなんだかんだ言ってよく来るのでそんな3頭へワイドを200円ずつ、最後に馬連も100円で総流し。

ぶっちゃけ相手がさっぱりよくわかっていないのですが、個人的には上位人気が全部吹っ飛んでも驚かないくらいのレースにも思えるので夢は見ておきたいです(笑)

スプリンターズステークス 2016 予想印と買い目

◎07スノードラゴン
〇01ビッグアーサー
▲11ダンスディレクター
△09サトノルパン
△05シュウジ
単07  100
複07 3.400
三連複
07 → 01 05 09 11 → 01 02 03 04 05 06 08 09 10 11 13 15 各100(38点)
ワイド
07 → 03 04 06 08 09 10 各100(6点)
07 → 02 12 15 各200
馬連
07 → 総流し 各100(15点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Response to “スプリンターズステークス 2016 予想”

  1. スプリンターズステークス 無料スピード指数10/2

    スプリンターズステークスほか 競馬ソフト能力表を公開■中山11R ◎6番ベルカントスピード指数最大値2位持ち馬が調教値◎での出走。断然人気ビッグアーサーの相手筆頭として …

無料競馬予想ソフトのスピード指数 にコメントする

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ