チャンピオンズカップ 2018 予想

チャンピオンズカップ2018の予想です。昨年の勝ち馬ゴールドドリームが回避してしまいましたが個人的にはゴールドドリームがいてもいなくても◎にしたかった馬は1頭のみなんでその馬から。対抗列も狙ってみたい穴馬が複数!馬券的にはちょっと楽しみ!狙い通りに決まってくれるといいんですけどねー。

 

オススメPR
=============================
【地方競馬】【中央競馬】
全レース情報なら おまかせ!
↓  ↓  ↓

↑  ↑  ↑
重賞レースも得意です
神戸新聞杯2018 的中
オールカマー2018 的中
シリウスS2018 的中
スプリンターズS 2018 的中
サウジアラビアロイヤルカップ2018 的中
毎日王冠2018 的中
京都大賞典2018 的中
秋華賞2018 的中
天皇賞秋2018 的中
JBCクラシック 的中
エリザベス女王杯 的中 的中
ジャパンカップ2018【2点勝負】的中
直近【重賞成績】15戦12勝!
今週もお任せください!
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
=============================


 

チャンピオンズカップ 2018 前日オッズ

土曜日17時半の前日オッズをみると

1番人気ルヴァンスレーヴ 2.0倍
2番人気ケイティブレイブ 6.2倍
3番人気ノンコノユメ 6.6倍
4番人気サンライズノヴァ 9.2倍

今年はここまでが10倍を切る人気。
以下サンライズソア10.3倍、オメガパフューム14.3倍、アンジュデジール19.6倍と10倍台は3頭が続いています。

 

異常投票馬は?

今回はG1なので40万弱以上の動きがある馬をチェックしました。

アンジュデジール
10:46 単勝101万

ルヴァンスレーヴ
11:06 単勝191万
15:52 単勝153万
15:57 単勝155万
※他100万以下のまとまった投票17本!

ノンコノユメ
14:06 単勝298万

ケイティブレイブ
12:31 複勝81万
13:06 複勝44万
16:03 複勝62万

オメガパフューム
10:56 複勝86万

ミツバ
11:36 複勝58万

今年はこの6頭の前日オッズに動きが見られました。

 

各馬の雑感

1番人気ルヴァンスレーヴは勝てるんでしょうか?

ルヴァンスレーヴはすでに3連勝を2度も経験していてすでに戦績が名馬な馬。
おそらくこの先G1をいくつか勝つような馬だと思うんですが今回はどうでしょうか?

今週競馬studyでも書いたのですが、チャンピオンズCは過去4年の映像を見直すと

馬券になった12頭の内11頭は

A 内から2列目以内を通って逃げ先行
B 道中最低でも向う正面までは内で脚を貯めて直線差し

いずれかの競馬をした馬でした。

内から3列目を通って先行した2014年3番人気ローマンレジェンドは最後伸びきれず3着。
コーナーで動いた2016年1番人気アウォーディーも最後は止まって2着。

ルヴァンスレーヴはこれまで道中馬群の中に入れるような競馬をした事がありません。
いくら充実しているとはいえ直線でインを突いてくるようなイメージは沸かないんですよねー。
もし勝てるとすればMデムーロ騎手が大阪杯のスワーヴリチャードで見せたように、3角より前に先頭に立つような競馬をするか、実は私が思うよりも10倍強かった!ってオチくらいしか思いつかないです。

いつものように外を回してきたら、ここは2.3着くらいかなあと思うのですがどうでしょうか。

 

2番人気ケイティブレイブは中京苦手?

ケイティブレイブも基本的にはあまり揉まれたくない馬なので、大きく括ればルヴァンスレーヴと同型。
ただ昨年に関してはかなりいいポジションで競馬をしてましたがそれでも最後伸びきれずの4着だったのは坂が合わないのか?中京が合わないのか?ちょっと気になる負け方でした。
大崩れはしないと思いますが、馬券的には軽視してみようと思います。

 

3番人気ノンコノユメも外ぶん回し

ノンコノユメは2015年に最内を突いて2着があるので、本来砂を被ってもやれるはずで、内枠引けましたし当初はかなり買いたい1頭でした。
ただ内田騎手が乗るようになってからのレースを改めて見直すと道中も外目を追走する事が多いですし、いつもコーナーで加速する競馬。
内田騎手の乗り方だと東京ならいいんですけど、中京では合わないように思います。
今回は人気の一角となっていますがこれも軽視してみようと思います。

 

サンライズノヴァも軽視します

サンライズノヴァもノンコノユメと同類の馬。しかもフェブラリーSの内容を見ると、ノンコノユメ>サンライズノヴァに見えましたので、ノンコノユメを買わない私はこの馬も買えないです。

 

アンジュデジールは絶好枠

アンジュデジールは前走大外枠から内に潜りこんで上手に立ち回って優勝したように、砂を被っても我慢できるタイプ。
牝馬で舐められた人気になっていますが1枠1番は最高の枠、積極的に買いたい穴馬の1頭です。

 

未知の魅力満載のパヴェル

パヴェルは単勝30倍台ってかなり人気がないですね。
「外国馬は日本に来ても通用しない」と盲目的に思ってる人が多そう。
日本とアメリカのダートは砂質が違うとはいえ、ダート王国のG1馬。
東京でJCDが行われていた頃は格下と言われたフリートストリートダンサーが全盛期のアドマイヤドンをレコードで負かした事もありますし、アメリカのダートのレベルは高いはずです。
阪神時代にアメリカの馬が通用しなかったのは右回りだったからと思えば納得できますし、左回り中京なら1発があるかも?
これも買ってみたい穴馬ですね。

 

超のつく大穴ならアスカノロマン

一昨年3着のあるアスカノロマンは前売りオッズでは単勝万馬券の最低人気(笑)
でもこの馬は内枠引いて内を立ち回る競馬が非常に上手。
全盛期の力はないのかもしれませんがJBCクラシックでも勝ち馬とはわずか0.5差。
内が有利になる舞台に替わればこの差はさらに詰まってもおかしくありません。
これもぜひとも買いたい1頭です。

 

オメガパフュームは結構強い馬だと思います

オメガパフュームはJDDでルヴァンスレーヴに敗れたせいか、小粒な印象を持つ人も多いかもしれませんが、個人的にはかなり強い馬だと思ってます。
JDDでは直線で外から被されても狭いところを割って伸びてきましたし、ルヴァンスレーヴよりも競馬そのものは上手。
JBCクラシックでも◎打ちましたけど、本来この時期の3歳馬はG1を1度経験するとがらっと変わる馬が多いです。
以前ならJCDを経験して、東京大賞典で本格化するというのが多かったのですが、今年はJBCを京都でやりましたからでここで変わってきてもおかしくはないです。
また戦績を見直すと直線で坂のある阪神では3戦3勝、それ以外は【1.2.1.0】
左回りがいいのかはよくわかりませんけど、京都→中京に替わるのももしかしたらいいのかもしれません。

 

乗り方次第でミツバも圏内?

ミツバはまったくの人気薄ですが能力自体はある馬だと思うんですよね。
昨年はコーナーで押し上げる競馬で、ノンコノユメのさらに外を回して勝ち馬から0.4差でノンコノユメにも先着。
ただ揉まれ弱いのが弱点で、今回もかなり注文はつくのですが、早めに先頭集団につける競馬ができればノーチャンスではないと思います。

 

ヒラボクラターシュとインカンテーションはヴァイアスが後押し

土曜日の中京ダートの競馬(距離問わず)を観ていて気づいたのですが・・・

01Rダ1800
11番ロードリバーサル(3角3番手)3番人気1着

02Rダ1200
14番コロニアルスタイル(3角3番手)4番人気2着

03Rダ1900
13番サノノカガヤキ(3角先頭)6番人気1着

05Rダ1800
13番マイアフェクション(3角先頭)4番人気1着
15番メイショウワザシ(3角2番手)2番人気2着

07Rダ1200
11番ヘーザ(3角2番手)4番人気3着
13番タンゴ(3角4番手)6番人気6着
12番ファステンバーグ(3角3番手)10番人気12着

08Rダ1800
12番ショウナンマシェリ(3角4番手)8番人気2着
13番メイショウダブル(3角2番手)3番人気13着

12Rダ1400
11番クリノフラッシュ(3角2番手)7番人気1着
12番メイショウラケーテ(3角先頭)1番人気2着
16番ココロノイコロ(3角3番手)13番人気5着

6枠から外で3角4番手内にいた馬はご覧の通りで【4.4.1.4】複勝率69.2%とかなり馬券になっていました。
今回6枠から外でそんな競馬をする可能性があるのはヒラボクラターシュとインカンテーション。
特にインカンテーションは行く気になれば行けるだけの脚がある馬なので、これも穴候補に考えたい1頭です。

 

チャンピオンズカップの本命馬は?

◎はサンライズソアにしました!
後方から押し上げてくる馬にはかなり難しい舞台、土曜日も前に行った馬が活躍してましたし、テイエムジンソクやテーオーエナジーのいない今回はJBCの時よりも楽なはずで前回よりも楽に競馬ができるんじゃないでしょうか。

ターゲットには出走全馬の上がりを指数化したレースPCIというものがありますが、この数値が低いレースは上りが掛かって厳しい流れのレースだったといえます。
JBCクラシックはレースPCIで見ても45.2と非常に厳しい流れのレースとなっていました。
過去10年、京都ダ1900でレースPCI46以下のレースで逃げ先行の競馬した馬の次走は単勝20倍未満に支持されると【12.6.9.19】複勝率58.7%単回値125複回値132と好走傾向でもあります。

ちなみに2走前シリウスS組の評価なのですが

1着オメガパフューム 53kg
2着ウェスタールンド 55kg
3着サンライズソア 57.5kg
4着ヒラボクラターシュ 53kg

当時は非常に内が有利だった馬場だったので、ロスのある競馬をして勝ったオメガパフュームはJBCクラシックで◎に狙いました。
サンライズソアは当時内を通ったとはいえオメガパフュームと斤量差が4.5kgもあったんですよね。
JBCクラシックでもオメガパフュームの方が先着していますが、展開的にはサンライズソアの方がかなり厳しい競馬をしていましたし、舞台が中京ダ1800になるなら迷う事なくサンライズソアから買ってみたいと思いました!

一応の◯はルヴァンスレーヴ。わずかキャリア7戦の中ですでに3連勝が2度もある超素質馬ですが、JRAの古馬G1は今回が初めて、不利な展開になると見て2着か3着に・・・という読みの◯。

▲はアンジュデジール。とにかく1枠1番を引けた事がすべて、前走同様ラチ沿いで脚を貯めて抜け出して来る競馬を期待。

パヴェル。ダート王国アメリカのG1馬がこの枠でこの人気で買えるのは美味しいと思います。

オメガパフューム。ルヴァンスレーヴも強いですが先にも書いた通りこの馬もそれほど見劣らない能力の3歳馬。これも枠と展開の分この評価で。

インカンテーションは高齢ですが、土曜日のヴァイアスの通りで前々での競馬ができれば。

大穴で△アスカノロマン。2年前3着。内で立ち回る競馬は上手な馬で、前走そんな競馬をして勝ち馬から0.5差。

最後に△ミツバもちょっとだけ。これも本来はかなり強い馬だと思ってるんですが、注文のつくタイプ。松山騎手が早めに先頭に立つ競馬をしてくれると楽しみあるんですが。

馬券は◎→◯の馬単、▲以下へ馬連とワイド。

◎→◯からアンジュデジール、パヴェル、オメガパフュームへの三連単も少し。

 

予想印と買い目

◎09サンライズソア
◯02ルヴァンスレーヴ
▲01アンジュデジール
△03パヴェル
△11オメガパフューム
△15インカンテーション
△06アスカノロマン
△13ミツバ
馬単
09 → 02  1.300
馬連
09 → 01 03 11 各400(3点)
09 → 06 13 15 各100(3点)
ワイド
09 → 01 03 11 各1.600(3点)
09 → 06 13 15 各400(3点)
3連単
09 → 02 ⇔ 01 03 11 各100(6点)
01 03 11 → 09 ⇔ 02 各100(6点)

以上!チャンピオンズカップ2018の予想でした!

 

PR)無料情報の推奨馬が先週も馬券内に!

万馬券総合研究所では、毎週2レース無料で買い目を提供しています。

今週末の無料提供3連複レースは「葉牡丹賞」&「チャンピオンズC」

平日は無料コンテンツを見て楽しみましょう!
無料情報だけでも参考になるので凄くお勧めです。

先週の推奨馬もバッチリと馬券に絡んでいますよ。
≪軸馬プロファイリング≫
■11月25日(土) 東京10R 推奨馬:レッドローゼス(3着)
≪サラブレッド解体新書≫
■11月25日(日) 東京11R 推奨馬:スワーヴリチャード(3着)

ー今すぐ無料情報を見に行くー

——————————————————————–
先週の的中実績はこちらです。
■11月25日(日)
東京10R 3連複19,600円獲得!
東京06R 3連単1,406,340円獲得!
京都11R 3連単104,000円獲得!
京都06R 3連単80,820円獲得!
■11月24日(土)
東京12R 3連単142,680円獲得!
———————————————————————-
今週末に行われるチャンピオンズCのステップレースを見事に勝ち進んでます。
どちらも3連単を的中させてます!

【万馬券総合研究所】は、
独自の研究で編み出した分析術から土日各1鞍を無料提供しています。

★土曜の勝負3連複レース★12月01日(土)「葉牡丹賞」★
★日曜の勝負3連複レース★12月02日(日)「チャンピオンズC」★

本格予想をするなら【万馬券総合研究所】ですよ!

ー勝負3連複予想を見るー

※メールアドレスを入力して確認メールが届いたらそこからログインして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Response to “チャンピオンズカップ 2018 予想”

  1. […] この馬は、私がいつも参考にさせて頂いてるアナコー【穴】馬を【攻】略するブログさんの推奨馬です。3連系馬券を買うなら加えたい3頭です […]

チャンピオンズカップ2018【競馬予想】GⅠ初制覇ならアノ馬しかいない! にコメントする

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ