宝塚記念2016の出走予定馬と血統表です

宝塚記念2016の出走予定馬と血統表です。ファン投票上位のショウナンパンドラ、ゴールドアクター、ミッキークイーン、モーリス、リアルスティール、マカヒキの登録はありませんが、それでも今年はかなり豪華な顔ぶれですね。上半期最後のG1なので頑張って的中目指したいものです。。。

宝塚記念の基本情報

2016年06月26日 阪神競馬場11R
芝2200m(Bコース使用・フルゲート18頭に18頭が登録)

宝塚記念 2016 出走予定馬

宝塚記念 2016 出走予定馬

今年のファン投票1位は菊花賞、天皇賞春を制してきたキタサンブラック。大阪杯はスロー、天皇賞春もラチ沿いピッタリ走って前に行った2頭のワンツーとここ2戦は明らかに恵まれた面はありました。ただ、この馬は昨年もセントライト記念がそんなレースで、それでも菊花賞を勝利。以前こちらの記事【大阪杯2016】ラブリーデイの今後を予言!?の中ではキタサンブラックは歴史に名を残すような可能性のある隠れた名馬かも?と書きましたが、ここまではその通りに来てますね。最小限の力で勝つ馬なのでなかなか強さを感じず取捨に悩まされる馬ではあります。。。

ファン投票2位はラブリーデイ。昨年は2000~2200に限れば宝塚記念勝利を含み重賞5戦5勝。ここは遠征帰りになるので状態面次第なんでしょうけど、昨年は宝塚記念と天皇賞秋で120ポンド、京都大賞典は121ポンドとJRAレーティングでも120越えを3度も記録したほどの馬、今回人気的には3~4番人気くらいでしょうから馬券的には嫌う理由もないかと思います。

ファン投票3~5位不在で6位がドゥラメンテ。実オッズではこれが1番人気と思いますが、ファン投票では意外と人気なかったんですね。この馬もレーティングでは昨年ダービーで121ポンドを記録し、今年は中山記念が120ポンド。デムーロが一時期と比べると調子落としてるとかはあるんでしょうけどそれでもやはり最有力な1頭。個人的にはラブリーデイかこの馬か、少なくともどちらか1頭は馬券になると考えています。

前走観て次は買いだな~、1週前追い切りもいいな~、人気もないだろうしこれは絶対買いだ!と思っていたのが人気ブログランキングA(トーホウジャッカルでした)。ただし1点だけ気になったのが血統×ローテーション、これについて詳しくは後半で。

マリアライトはファン投票7位からの出走。この馬はこれまで上がり1位をマークした事があるのが全部で6回、それが35秒以上掛かってのものだった時は【4.0.1.0】、35秒切った時は【0.0.0.2】と、つまりは上りが掛かった方がいいタイプ。昨秋以降は4走前のエリザベス女王杯を除けばどれも上りの速い競馬ばかりですから、そう考えるとここ最近の頑張りには目を見張るものがありますね。特に有馬記念では上位入選した馬の中で1番距離ロスしてましたし、日経賞もあの上がりの競馬で善戦できたのは充実している証拠。今度は上りの掛かる舞台で条件好転、さらに雨も残るような馬場になればかなり面白い存在だと思います。

あとは前記事でも少し触れましたけど、G1馬が何頭か揃ったレースって意外とG1馬同士のワンツーって少ないんですよね。そういう意味では今回、馬券的な主役は非G1馬のどれを買うのか?というところかと思うのですが、これについてはまた別記事で書こうと思います。

続いては登録馬の血統表です。

宝塚記念 2016 血統表

宝塚記念 2016 血統表

まず先に取り上げた馬で、前走内容〇、1週前追い切りも〇なんだけど血統とローテだけが気になってるのが人気ブログランキングA

父の産駒は宝塚記念では過去10年【0.2.1.3】複勝率50%と好走してますから舞台は悪くないと思いますが、重賞で500m以上の距離短縮で出てくるとこれまで【1.0.0.18】馬券になったのは単勝1.5倍の馬1頭だけなんですよね。

距離短縮がダメといえばハーツクライ産駒も重賞で距離短縮ローテは期待値低いんですよね。カレンミロティックは一昨年は2000mからの延長で2着しましたが、昨年は天皇賞春からの短縮で13着に大敗。今年も短縮ローテですね。シュヴァルグランとフェイムゲームも天皇賞春からの短縮で、ワンアンドオンリーもドバイ2410m戦からの短縮でどうか。マジェスティハーツだけが距離延長のハーツクライですね・・・こちらは能力的にどうかですが・・・。

今年はディープインパクトも過去最多の6頭が登録。これまで宝塚記念では【0.2.3.6】で未勝利ですが5.8.10.11番人気馬が好走していて珍しく穴傾向。その5番人気以下で好走した4頭はすべて1~6番ゲートと内目の枠を引いた馬でもありました。

また、先週の阪神の芝傾向からはグレイソブリン系内包馬に注意したいですね。土日で11鞍組まれた芝レースの内8鞍でグレイソブリン系内包馬が好走していました。

グレイソブリン系内包馬は先に挙げたハーツクライ産駒と、あとはサトノノブレス、トーホウジャッカル、ドゥラメンテ、ヒットザターゲット、ラブリーデイあたり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Response to “宝塚記念2016の出走予定馬と血統表です”

  1. 宝塚記念(GI)@JRA阪神競馬場

    第57回 宝塚記念(GI) 2016年 6月26日(日) 4回阪神4日11R サラ系3歳以上 オープン(国際)(指定) 定量 阪神競馬場 2200m 芝・右 1着本賞金 13200万円 発走 15:40 予想(馬単◎⇔○ …

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ