皐月賞2016で使える消去法を2つ

昨晩熊本で大変な震災が起きてしまいました。被害にあわれた皆様にはお悔やみ申し上げます。

本当はこんな時に競馬記事を更新するのも気がひけるのですが、週中から書き溜めてきたものなので今日は皐月賞のデータ記事を2つ更新します。

まずはここでは過去10年の皐月賞で1度も馬券になった事のない消去法的なデータを2つご紹介します。

特に前者は私が競馬始めた20年くらい前まで遡っても好走例はないので、よほどの馬でないと好走するのは厳しいかもしれませんね。

皐月賞 2016 消去法 その1

※皐月賞2016を凡走する?データ
皐月賞2016を凡走する?データ

私が競馬を始めた頃は、ダービーは運のいい馬が勝つ、菊花賞は強い馬が勝つ、そして皐月賞はスピードのある馬が勝つなんて言われていました。

最近はあまり聞かなくなった格言ですが、皐月賞はスピードのある馬が勝つというのはここ馬場も速くなってきて近年はかなり当てはまってる気もしますね。

さて上記画像の凡走データ該当馬は過去10年の皐月賞において

2000mよりも長い距離に出走経験のあった馬

の成績になります。

ほとんどが人気薄の馬ですけど全部で【0.0.0.18】と1頭も馬券に絡んでませんし、過去20年以上まで遡っても同様に馬券に絡んだ馬はいません。

皐月賞前に長い距離を使われるという事は例え素質馬であったとしても皐月賞ではなくダービーや菊花賞に色気のある馬でしょうし、ここではスピード不足と考えるのが自然なのかもしれませんね。

今年の出走馬では

人気ブログランキングA(アドマイヤダイオウでした)

ジョルジュサンク

ミライヘノツバサ

ウムブルフ

ミッキーロケット

の5頭が該当しています。

皐月賞 2016 消去法 その2

※皐月賞 2016 消去法 その2
皐月賞 2016 消去法 その2a
皐月賞 2016 消去法 その2b

続いてはこちら。

上記画像馬は過去10年の皐月賞において・・・

  • 単勝40倍以上
  • 芝2000mで連対経験なし

以上2条件を満たしていた馬になります。

全部で【0.0.0.43】なんで穴でもちょっと手を出しにくいタイプですね。

過去10年以前ですと00年チタニックオー、02年ノーリーズンなど好走例はありますが、重賞の数も増えて競争体系が整ってきた今の時代ではやっぱり厳しいような気もします。

オッズはわかりませんが

ミッキーロケット

トーアライジン

エアスピネル

アドマイヤモラール

の4頭は芝2000mでの連対経験はありませんね。でもエアスピネルはさすがに単勝40倍以上って事はないと思います。

皐月賞 2016 消去法まとめ

人気ブログランキングA(アドマイヤダイオウ)

ジョルジュサンク

ミライヘノツバサ

ウムブルフ

ミッキーロケット

トーアライジン

アドマイヤモラール

以上7頭は消去法データからは好走するのは厳しいと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Response to “皐月賞2016で使える消去法を2つ”

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ