穴馬が該当!ジャパンカップ2017を好走する追い切りパターン

ジャパンカップ2017を好走する追い切りパターンです。
ここでは過去10年で2頭に1頭以上が馬券になる調教メニューについて書いてみようと思いますが、今年は穴っぽいところに該当馬が多いのでちょっと楽しみです。

PR【超すごい的中率!】ジャパンカップ的中へ吉報!

「無料情報」福島4R的中!総額【113万7800円】獲得成功!
===================
ワイド 的中 43,800円
ワイド 的中 9,600円
ワイド 的中 47,550円
馬連 的中 219,200円
3連複 的中 176,300円
3連単 的中 641,350円
合計【113万7800円】(推奨金額投資)獲得成功!
===================
この情報、有料ではありません。【無料】です。
この精度、有料ではありません。【無料】です。

今週は何を狙いますか?
そうです【ジャパンC(G1)】です!
無料メルマガ登録はコチラ

JC2017を好走する追い切りパターンに該当した過去の馬

追い切りパターンその1

上記画像馬はJC過去10年において・・・

  • 8月以降2走以上
  • 過去にG1で好走歴あり
  • 1週前~最終追い切りのどこかでトラックコースで5F以上と坂路の両方で時計を出している馬

以上の条件を満たした馬で、全部で16頭が走って【3.4.4.5】複勝率68.8%単回値118複回値238と好走傾向です。

昨年は該当馬がワンアンドオンリーの1頭のみで、単勝万馬券の人気だった事もあり結果14番人気8着。その分まで今年は期待したいですね。

本日22日ほとんどの馬の最終追い切りが行われましたが・・・

サウンズオブアース
8月以降札幌記念と京都大賞典を消化
1週前追い切りと最終追い切りはCWで日曜日に坂路で軽めの調整

ソウルスターリング
8月以降毎日王冠と天皇賞秋を消化
1週前追い切りと最終追い切りは美浦Wコースで日曜日に坂路は軽めの調整

マカヒキ
8月以降毎日王冠と天皇賞秋を消化
1週前追い切りはCWで日曜日と最終追い切りに坂路で調整

ヤマカツエース
8月以降札幌記念と天皇賞秋を消化
1週前追い切りと最終追い切りはCWで日曜日に坂路で軽めの調整

最終追い切りが木曜日のサトノクラウンはこの秋は天皇賞秋しか使っていないので該当せず。
今年該当するのは上記4頭という事になりそうです。

ソウルスターリングとマカヒキは多少穴人気すると思いますが、ヤマカツエースとサウンズオブアースなら人気薄必至で好走できれば上位が人気決着になったとしても好配当にはなりそう、馬券でも拾ってみたいですね。

追い切りパターンその2

こちらもジャパンカップ過去10年においていくつかの条件を満たしていた馬なのですが、全部で【2.4.1.10】複勝率41.2%単回値305複回値159と好走傾向です。

アベレージは最初の好走パターンよりも落ちますが、2014年以外は毎年必ず1頭は好走してますし、その2014年は凡走する理由もありました。

こちらについての詳細と上記2つの好走パターン該当馬につきましては今週金曜日のアナコーメルマガ版の方で掲載します。さらに併せて「JC史上【4.3.3.2】複勝率83.3%で掲示板率100%のデータ」も掲載予定です!

アナコーメルマガ版は毎週金曜日の夜配信。メルマガはすべて無料でご覧になれます。まだ登録されてない方はこの機会にぜひご登録下さい!
(メルマガの不着対策としてPWを発行してる別館アナコーでもメルマガバックナンバーをご覧頂けるようになっています。PWはメルマガ号外に記載。今週は土曜日にも発行しますので金曜日に間に合わなくても土曜日午前中くらいまでに登録するとご覧になれます)

アナコーメルマガ版【登録はこちら】

※配信は夜間になる場合もあります
※また広告配信もしてますのでフリメでどうぞ
※不要の際はご自身でいつでも登録解除可能です

PRジャパンカップもこの無料コンテンツで3連単獲れそうですよ!

【ジャパンC激熱予想!】菊池厩舎・中野隆良厩舎出身の情報元

  • エリ女ではモズカッチャンを
  • 武蔵野Sではインカテーションを無料予想で提供した!
  • マイルCSは推奨6頭で3連単的中!

一瞬で1万円が13万円以上になった!

【田端正照の調教のプロ】をぜひチェックしてみて下さい

G1的中確変中!
マイルCSは推奨6頭で3連単的中!!
ジャパンカップもこの無料コンテンツで3連単獲れそうですよ!

 

万馬券続出無料買い目
今週は11月26日(日)11Rジャパンカップ
簡単メルアド登録は最短1分で完了!
ジャパンカップの買い目はコチラから無料で公開!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ