アレキサンドライトS、すばるS 2018 予想

土曜日のメインからアレキサンドライトSとすばるS2018の穴馬を予想してみました。最近平場がさっぱり当たらないので今日は単複でリハビリ。

PR 無料でも勝てる競馬サイトを教えます。
————————————–
<先週の無料予想の結果です>
1月13日京都3R  複勝1点/各10,000円 18,000円獲得
1月14日京都1R  複勝1点/各10,000円 14,000円獲得
1月14日中山2R  馬連7点/各4,000円 54,000円獲得

<2017年無料予想の最高配当はこれ>
12月10日中京3R  三連複15点/各2,000円 465,800円獲得
————————————–
ユーザー参加型。的中画像投稿あり。
無料情報では確実に買うべき馬を公開。
最終目的は【勝つ為の競馬】です。
こちらから無料登録で予想が見れます!

中山11R アレキサンドライトS 2018 予想

◎08カルムパシオン
単08  500
複08 2.500

過去5年の中山ダート1800、準OPのハンデ戦を検索してみると全部で12鞍。
前走1000万勝ちの昇級馬は単勝5倍以上10倍未満の馬こそ【4.1.0.5】と馬券になっていますが、単勝5倍未満に支持された馬が【0.0.0.3】、10倍以上の馬も【0.0.0.13】なので、人気のフェニックスマークは◎には狙いにくい印象。

クロフネビームスは勝ち鞍4つは11月、9月、6月、9月という馬で1~3月の成績が【0.1.1.6】と冬場は未勝利。

過去5年の中山ダート1800、準OPのハンデ戦では56kgの馬の成績がまずまずいいのですが、斤量減馬は【3.4.4.8】複勝率57.9%に対して、前走も56kgだった馬の成績は【0.0.0.8】でトウカイエントリーも全面的に信頼しにくい印象。

という訳で穴馬の台頭しそうな雰囲気がありそう。

◎は思い切ってカルムパシオン

展開に注文がつく馬でコメントでも展開次第と弱気なコメントなのですが、出走馬をみると前2走で逃げた馬が不在なのでここは先手がとれそう。

これまでダートですんなりハナをとれた時は1.1.5.1.3.2.1着という戦績で、唯一馬券にならなかったのは東京ダ2100だけ。4走前の良馬場で1分52秒3くらい走れれば能力的にも足りていいはず。

京都11R すばるS 2018 予想

★11ウインムート
★10イーデンホール
単11  400
単10  100
複11 2.500
複10 1.000

すばるSは過去10年逃げた馬の成績は【3.1.1.5】で単回値484複回値307と穴傾向。
2走前は速めに来られて5着、前走は前半からびっしり競りこまれて大敗の★ウインムートの巻き返しを期待。松山騎手コウエイエンブレムがどれだけ競りこんでくるかにもよりますが外から被されずに逃げが打てれば力はある馬。
できれば松山騎手に引き続き乗って欲しかったですけど、兄ドリームバレンチノに乗っていた岩田騎手ならなんとか。
1週前の栗東坂路では2回目のハロー駆けから200頭以上が走った後の馬場が荒れた時間帯に好時計をマークと中間の追い切り気配も◯。

ウインムートが馬群に沈むような差し決着ならちょっと力が足りないかもしれませんが★イーデンホールも気になる1頭。
福永騎手は2013年以降=京都ダ1400で上がり5位内をマークした馬に騎乗した時の成績が【17.9.10.13】複勝率73.5%と好成績。
イーデンホールはこれまで京都1400では5回走っていますが、上がり順は1.2.5.2.1位とすべて5位内をマーク。

PR【枠順確定】アメリカJCC(G2)東海S(G2)馬券になる馬を絞り込み

先に枠順確定前の検証結果を。
■中山11R アメリカJCC(G2)

→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内

■中京11R 東海S(G2)

→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内

そして枠順確定後の絞り込み。
■中山11R アメリカJCC(G2)
前走中山金杯4着のブラックバゴが回避。
過去結果を見ると単オッズ10倍台馬の優勝が目立つ。
このブラックバゴも枠順確定前の想定オッズでは10倍台の馬だった。
つまり、馬券になる可能性のある馬が1頭減り予想がしやすくなった。
昨年2017年の着順結果とこの指数予想を照らし合わせると、
着順結果1~5位=指数予想6ー1ー2ー7ー3位。
さらに2016年、2015年の馬券は指数順位6、7位の入線あり。

つまり馬券になる可能性が高いのは、

「指数1、2、3位中2頭+指数6、7位の馬」
と見る。
単オッズ10倍台の馬が優勝すれば、2014年にあった3連単16万馬券も夢じゃない。

アメリカJCC、日曜日昼、北条のブログにて指数無料公開決定。
→ 無料会員登録ページ

■中京11R 東海S(G2)
予定通りアポロケンタッキーの回避、川崎記念行き決定。
という事は、2018年東海Sはテイエムジンソク1強。
おそらくこの指数もテイエムジンソクは1位予想となるだろう。
指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内
つまり「指数1、4位予想馬は熱い。」

3頭目は難しい。

もしもテイエムジンソクを指数1位と予想しなかった場合、その1位は謎の脅威馬となる。

無難に3連単が万馬券程度の決着なら指数2、3位馬が馬券に絡むだろう。
3連単フォーメーション1着1頭相手3頭や1着2頭にして6~12点。
3連単4頭BOX24点など。

指数1~4位馬をチェックし、馬券組み立ての参考にしてみてください。
→ 無料会員登録ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ