シルクロードステークス 2018 予想

シルクロードステークス2018の予想です。前2走で逃げた馬は前走スローで逃げたナックビーナス1頭だけで解散する福島厩舎に武豊騎手騎乗馬が前で競馬をしそうな組み合わせ。先行馬有利と見てアノ馬から入ってみようと思います。

PR 無料でも勝てる競馬サイトを教えます。
————————————–
<先週の無料予想の結果です>
1月20日京都1R  複勝1点/各10,000円 26,000円獲得
1月20日中山1R  馬連7点/各4,000円 77,600円獲得
1月20日京都6R  ワイド6点/各5,000円 43,500円獲得
1月21日中山1R  複勝1点/各10,000円 37,000円獲得
1月21日京都3R  三連複16点/各2,000円 49,400円獲得
1月21日中京4R  三連単24点/各500円 29,000円獲得

<2017年無料予想の最高配当はこれ>
12月10日中京3R  三連複15点/各2,000円 465,800円獲得
————————————–
ユーザー参加型。的中画像投稿あり。
無料情報では確実に買うべき馬を公開。
最終目的は【勝つ為の競馬】です。
こちらから無料登録で予想が見れます!

シルクロードステークス 2018 前日オッズ

土曜日17時半現在の前日オッズは以下の通り。

1番人気アレスバローズ 3.5倍
2番人気ダイアナヘイロー 4.9倍
3番人気ファインニードル 7.8倍
4番人気カラクレナイ 8.2倍
5番人気ナックビーナス 9.0倍

今年はここまでが10倍を切る人気。以下セイウンコウセイ13.8倍、ロードクエスト16.8倍、セカンドテーブル18.2倍と10倍台は3頭が続いています。

上位2頭は鞍上人気もありそうで、やや波乱含みな売れ方でしょうか。

異常投票馬は?

今回はG3なので20万弱以上のまとまった投票のあった馬をチェックしました。

ダイアナヘイロー
17:21 複勝99万

カラクレナイ
14:01 単勝30万

ナックビーナス
16:41 複勝22万

今年はこの3頭のオッズに動きがみられました。

土曜日の馬場傾向

土曜日の芝レースは1200のレースこそありませんでしたが、小頭数の梅花賞を除くと前に行った馬か、直線で差して来るにしても道中内で脚を貯めたしか好走してないです。

7枠8枠の人気馬の成績も【0.1.0.4】でしたから内有利な馬場だと思います。

時計的には1000万でマイルの木津川特別の勝ち時計が1分34秒9で1200通過タイムは1分11秒9。

シルクロードSはおそらく1分8秒台くらい、ここ何年かは7秒台決着が続いていましたがそれよりも時計の掛かる決着になるんじゃないかと思います。

シルクロードSの本命馬は?

前2走で逃げた馬はナックビーナス1頭だけという顔ぶれ。

2月で解散する福島信晴厩舎の馬に武豊騎手が前に行くでしょうから直線入り口まで後方から仕掛けてくる馬もいないはず?流れは先行馬に相当有利になるような気がします。

◎は休み明けでこれまたあまりマークされないであろうセカンドテーブルにしました。

シルクロードSは半年以上の休み明け馬は過去10年で【0.0.0.4】という成績ですが該当したのはすべて2ケタ人気の穴馬でして

2008年テイエムアクション 14番人気7着
2010年トウショウカレッジ 12番人気9着
2012年ツルマルレオン 12番人気4着
2013年レジェトウショウ 15番人気5着

4頭の穴馬すべてが人気よりも上の着順でゴールしてるんですよね。
平均すると人気順よりも着順の方が「7」よくて、もっとも着順が上がらなかったトウショウカレッジでも12番人気で9着と人気よりも3つ着順の方がよかったです。

セカンドテーブルは7~8番人気になると思いますので、上記の通り人気より上の着順にくれば掲示板以上にはいるはずです。

ちなみにセカンドテーブルの京都芝1200戦の全成績は以下の通り。

全部で【1.2.2.3】複勝率62.5%単回値157複回値191と好成績です!
シルクロードSは過去に2回走って4着、3着という結果ですが、勝ち時計は1分7秒9と1分7秒8でのもの。

セカンドテーブル自身、直近のレースは8秒台前半で安定して走ってますので、時計の速かった過去2年よりも時計の掛かる今年の方が合ってるんじゃないでしょうか

 

過去10年の内、1分8秒以上時計の掛かった年をみると斤量を背負ったG1でも好走歴ある馬が結構頑張っています。

という訳で◯は前走JBCスプリントでG1勝ち57.5kgのニシケンモノノフを狙ってみたいです。

JBCスプリント組のその後は2着コパノリッキーはチャンピオンズC3着、東京大賞典1着、ブルドッグボスは次走カペラS3着、4着ネロは次走京阪杯1着、7着スノードラゴンも次走カペラSで2着と意外と高レベルぽいです。

昨日の京都芝コースは前走ダートを使っていた穴馬が2頭好走してますのでこれも後押しですね。

また距離こそ違いますが昨日の木津川特別ではタイキシャトル産駒が1-3着。ニシケンモノノフの父メイショウボーラーもその父はタイキシャトルですので血統的にも注目したいです。

▲はダイアナヘイロー。武豊騎手に2月で解散の福島信晴厩舎で前に行けば忖度される競馬で残り目。

△はファインニードル、野芝の方がいいかなあとも思うのですが内で脚を貯める競馬は合うのでこの枠は〇。

馬券は◎の単複と三連複と3頭と組んでの3連複でいきます。

ちなみにカラクレナイは前走の内容はよかったと思うのですが、追い切り観たら冬毛ボーボーでヌイグルミみたいでした(笑)買い目ではヌケにしますが、個人的にはパドック観てから追加するか考えます。
ナックビーナスとロードクエストは外枠でどうでしょうか(前走のロードクエストなら伸びない内を通ったタマモブリリアンの方が好内容だったと思います)

三連複の3列目は1~6枠で固めて買おうと思います。

予想印と買い目

◎06セカンドテーブル
◯10ニシケンモノノフ
▲08ダイアナヘイロー
△01ファインニードル
単06 1.000
複06 3.000
三連複
06 → 01 08 10 → 01 07 08 10 各500(6点)
06 → 01 08 10 → 02 05 09 各200(9点)
06 → 01 08 10 → 03 04 11 12 各100(12点)

PR【現代競馬は外厩情報なしでは予想できない!?】

社台グループなど大手の生産者やオーナーなどが持つ外厩は
今やトレセン並の設備や人材を備えています

それらを利用するオーナーの所有馬は、
レースに向かう為の調整もほとんどが外厩で完結し、
厩舎ではレース前10日間程度の最低限の仕上げにとどめられています

つまり、真に競争馬の状態を把握する為には
一般メディアの限界でトレセン取材だけでは賄えず、
外厩にまで情報収集の網を広げる必要があります

1月21日(日)中山11R AJCC見事的中!


■中山金杯
1着セダブリランテス
3着ストレンジクォーク(10人気)

■京都金杯
2着クルーガー

■フェアリーS
1着プリモシーン
3着レッドベルローズ(7人気)

■シンザン記念
1着アーモンドアイ

■京成杯
2着コズミックフォース

■AJCC
1着ミッキースワロー

ーーーーーーーーーー
・中山金杯 3着ストレンジクォーク(10人気)
・フェアリーS 3着レッドベルローズ(7人気)
ーーーーーーーーーー

これらは外厩情報をもとに狙い撃ちできました!
現代競馬は外厩情報なしでは予想できません。

デイリースポーツ本誌で唯一の女性記者だった「竹下かおり氏」を総監督に置くレープロでは、これまでの情報に加えて外厩情報も網羅した上で最終買い目を提供しています。
ぜひお試しください。→ 登録はコチラ

今週も外厩で調整されてきた馬が多くいますが上位人気馬ですと、
ーーーーーーーーーー
■シルクロードステークス
ダイアナヘイロー
ファインニードルなど
予想オッズ上位のナックビーナスは外厩調整された馬ではありません

■根岸ステークス
ノンコノユメ
ニシケンモノノフなど
予想オッズ上位のカフジテイクは外厩調整された馬ではありません
ーーーーーーーーーー

この他に、穴馬の外厩調整馬もいます。

馬券に絡むであろう勝負気配があるのはどの馬なのか?
その結論と最終買い目はこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ