関屋記念 2018 予想

関屋記念2018の予想です。土曜日の未勝利戦に組まれた直線競馬では1~3着馬が先週1000万条件に組まれた驀進特別よりも速いタイムでゴール。ペースにもよりますが、今年はある程度流れれば時計は出る馬場。今年は過去の関屋記念で31秒台が出た年のデータから◎馬を決めました!

PR 「金の鞍」8月11日速報無料買い目的中結果!!

■08月11日札幌11R
三連単13-9-7
24点/各500 63,600円的中!

■08月11日新潟1R
複勝 5
1点/10,000円 19,000円的中!

只今関屋記念(G3)他無料三連単公開中!
厳選無料推奨馬はメルマガ会員限定
⇒メールアドレス登録はこちら
確認メールをクリックして登録完了です

 

関屋記念20183連単一点予想【プレゼント企画】

youtubeチャンネルの重賞1点予想に参加してみませんか?

予想が当たるとamazonのギフト券がもらえます!!

詳しくはチャンネル登録して動画をご覧下さい

 

関屋記念 2018 前日オッズ

土曜日17時半時点での前日オッズは以下の通り

1番人気プリモシーン 3.8倍
2番人気エイシンティンクル 6.5倍
3番人気ワントゥワン 7.4倍
4番人気リライアブルエース 7.8倍
5番人気ロードクエスト 9.1倍
6番人気フロンティア 9.2倍
7番人気ショウナンアンセム 9.5倍

今年は7番人気までが10倍を切る人気。
以下10倍台はウインガニオン12.6倍1頭のみ。
上位はかなり人気が割れていますね。

 

異常投票馬は?

土曜日夕方までに20万弱以上のまとまった投票があった馬は・・・

フロンティア
16:29 複勝20万
16:49 複勝45万

エイシンティンクル
09:56 複勝19万
13:37 複勝20万
16;39 単勝25万

ロードクエスト
16:14 複勝38万
16:19 単勝50万 複勝74万
16:24 複勝21万

プリモシーン
11:30 単勝31万
11:41 複勝28万
15:21 複勝39万
15:58 複勝20万
16:49 単勝55万

今年はこの4頭のオッズに動きがありました。
100万以上のまとまった投票はありませんでしたが、ロードクエストは16時台に集中的に買われてますね。

 

今年は高速決着?

土曜日新潟12Rの500万条件では勝ち時計が1分33秒2とまあまあ速め。
個人的にはもうちょっと時計が出てもいいかなと思っていましたが、6Rに組まれた直千競馬の未勝利戦では55秒4で決着。
2着馬も55秒5、3着馬も55秒7で走っていたのですが、先週雨上りだったとはいえ1000万条件の勝ち時計は55秒8でしたので、今週はペース次第ではかなり時計の出やすい馬場になっているのだと思います。

ちなみに直千競馬の未勝利戦で55秒台が連発していた年といえば近年では2016年がそうだったのですが、その年の関屋記念はヤングマンパワーが勝って1分31秒8で決着。
そこで今回は関屋記念が1分31秒台で決着した年のデータから調べてみました!

 

関屋記念が1分31秒台で決着した年のデータ

上記画像馬は新潟がコース改修されて以降の関屋記念において・・・

  • 単勝7倍未満
  • Danzig系内包馬

以上の条件を満たした馬で全部で6頭が走って【4.1.0.1】複勝率83.3%単回値266複回値151と好走傾向です。

唯一馬券にならなかったロサギガンティアは父、母父ではなく母母父に内包していたのでデータとしては父か母父で見るべきなのかもしれません。

まあ別に31秒台じゃなくてもDanzig系内包馬は来るんですけど、ヤングマンパワーは3回走って3.1.4着してますし、個人的には2002年にアジュディケーティング産駒のミデオンビットが2着したのなんかも印象深いですね。

アジュディケーティング産駒といえば一時は南関東で「砂のサンデーサイレンス」と呼ばれたダート血統ですから、それが高速馬場で走ったのがかなり衝撃的でした。

という訳で今年はまずこのデータに該当する馬を◎に狙おうと思います。

 

関屋記念9年連続勝ち馬データをさらに絞り込み

今週競馬studyでは関屋記念で9年連続勝ち馬を出してるデータ

「単勝15倍未満」で「前3走共上がり3位以下」だった馬が9年連続で優勝している事ををご紹介しましたが、ここではそこからもうちょっと絞り込んだデータを取りあげてみます。

上記画像馬は関屋記念過去10年において・・・

  • 単勝15倍未満
  • 前3走共上がり3位以下
  • 前走3番人気以内

以上の条件をすべて満たした馬で、全部で14頭が走って【7.2.1.4】複勝率71.4%単回値466複回値205と好走傾向です。

こちらのデータ該当馬は対抗列に狙ってみたいですね。

本当はここに前走から斤量増を除く(過去10年では40頭走ってすべて着外)という項目も入れたかったのですが、今回はウインガニオンも買いたかったので自分の都合に合わせて入れませんでした(笑)





 

関屋記念の本命馬は?

◎は3歳牝馬プリモシーンにしました。
前日オッズでは単勝3.8倍の1番人気で母父Fastnet RockがDanzig系を内包、1分31秒台の関屋記念好走データに合致しています。
前走NHKマイルCは馬群の中で脚を貯めて競馬をしましたが、直線で進路を取るのにかなり苦労をしていました。
もうちょっとスムーズに外に持ち出せていれば勝ち負けになったんじゃないでしょうか。
レース傾向としては圧倒的に逃げ先行馬有利なレースではありますが、51kgで走れますしデータにも該当しているので今年はこの馬から入ってみようと思います。

相手はある程度前で競馬できそうな馬を。
◯はショウナンアンセムにしました。前日オッズ9倍台で前3走共上がり3位以下、前走2番人気と好走データに合致。
500万1000万でかなり足踏みした馬でしたが今年3月以降は道中の位置取りを上げて成績を上げてきたので今は充実してるんじゃないでしょうか。
この馬も母母父にDanzigを内包してますね。

▲はウインガニオン
前日オッズ12倍台で前3走共上がり3位以下、前走2番人気と好走データに合致。
ただこの馬は前走57.5kgから今回58kgと過去10年【0.0.0.40】と好走例のない斤量増馬。
しかもこの馬自身57.5kg以上では好走実績もないのですが・・・
それでも買ってみたいと思うのは得意舞台で得意の夏だから。
この馬の凄いところは生涯に「2度の3連勝」がある事。
3つ以上連勝してそれがストップした馬って、大概はその後は凡走が多くて、たまに好走みたいなのが普通なんですが、この馬は2016年に3連勝してそこから4つ大敗して、2017年再び3連勝して・・・というかなり珍しい戦績の持ち主です。

穴なら△ヤングマンパワー
今年で4年連続出走となりますが、昨年まで3年連続◎に狙った馬。
今年はこのレースで有利な外枠を引けましたし得意の高速馬場なんでこれは買っておきたいですね。

あとはロードクエストも前日オッズ9倍台で前3走共上がり3位以下、前走3番人気と好走データに合致してるのですが、2~4走前に1200を3つ使った事とマツリダゴッホ産駒はあまり高速馬場向きではないと思っているのでこちらは3列目までにしておきます。

馬券は◎から3頭と組んで三連複中心で。

予想印と買い目

◎12プリモシーン
◯05ショウナンアンセム
▲13ウインガニオン
△14ヤングマンパワー
×01 02 03 04 06 08 09 10
馬連
12 → 05 13 14 各500
三連複
12 → 05 → 02 04 06 各700(3点)
12 → 05 → 10 13 14 各500(3点)
12 → 05 → 01 03 08 09 各300(4点)
12 → 13 → 02 04 06 各500(3点)
12 → 13 → 10 14 各300(2点)
12 → 14 → 02 04 06 10 各200(4点)
12 → 05 14 → 01 03 08 09 各100(8点)

以上!関屋記念2018の予想でした!

PR『儲かる夏競馬』真っ最中!

―――――――――――――――――――――――――
【先 週】8人気の衝撃◎から⇒7万4650円的中!
【先々週】6番人気を大本線に⇒6万0150円的中!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の関屋記念(G3)も一獲千金の大チャンス!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

10万円馬券以上もありえる
関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関屋記念といえば真夏の超ドル箱重賞】

《2015年》10万9570円・2万5190円的中
《16年》5340円的中 《13年》2620円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

昨年も1番人気がメートルダールが敗れて
3連単は13万馬券の波乱決着!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

情報通りなら3連単は10万馬券以上も!
―――――――――――――――――――――――――

今年波乱の主役はアノ馬だ!

関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ