オーシャンステークス 2018 予想

オーシャンステークス2018の予想です。ここは近年の傾向に前走も◎に狙ったアノ馬が合致、改めてもう1度狙ってみようと思います。

PR勝てる競馬サイトを教えます。

これまでに三連単馬券で『1着から3着の着順が入れ替わっていれば的中だったのに…』と、惜しい結果に終わってしまい悔しい思いをした事はありませんか?
やはり競馬には少なからず運が影響しますので、競馬のプロでもそのような思いを何度も味わっております。
ですが、着順不問で的中を狙える三連複馬券ならば僅かな運に左右される事なく的中を狙えるのです!

先週は無料情報で3レース的中。しかも、75,200円勝ちの的中も。おいしい!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2月24日(土)阪神8R
三連複 15点/各2,000円
105,200円獲得!

2月25日(日)中山2R
馬連 5点/各5,000円
39,000円獲得!

2月25日(日)小倉2R
三連複 15点/各2,000円
54,200円獲得!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週は弥生賞(G2)の買い目が無料で見れちゃいます
>>ご登録はこちらから

オーシャンステークス近年の傾向

路盤改修工事以降のオーシャンS過去3年のデータから、以下のようなポイントに注目しました。

距離短縮ローテの芝1200のOP重賞好走馬

2015年2着ハクサンムーン
2016年1着エイシンブルズアイ
2017年2着ナックビーナス

過去にOP重賞で好走歴ある距離短縮馬が3年連続で好走中です。

5代内にノーザンテースト内包馬

2015年2着ハクサンムーン
2016年2着ハクサンムーン
2016年3着スノードラゴン
2017年2着ナックビーナス
2017年3着クリスマス

5代内血統表にノーザンテーストを持つ馬が3年で5頭好走しています。

オーシャンステークスの本命馬は?

阪神Cでも狙ったビップライブリーをもう1度◎。

2走前京阪杯は0.0差で重賞2着、今回は前走1400からの距離短縮ローテ。

父母父がノーザンテーストで先に取り上げた近年好走の多い2つのパターン両方に該当しています。

前走も色々と走りそうな条件が揃って◎に狙ったのですが、暮れの阪神とは思えないレコード決着、結果的に速すぎる馬場が合わなかった感じ。

今度は時計の掛かる中山、8秒台くらいの決着になるでしょうし、斤量も1kg減で改めて。

◯はリエノテソーロ。この馬も重賞好走歴ある距離短縮馬。2歳時ですけど1200のOP勝ちもあるし、2度のG1を2連対してる馬。前走ターコイズSは差し馬が掲示板を独占する中、逃げて見せ場たっぷりの0.2差6着といかにも短縮で買いたい負け方でした。

▲はスノードラゴン。一昨年このレースで3着して以降は芝では1度も馬券になっていませんが、スプリンターズSでは2年連続勝ち馬から0.1差とやっぱりこの舞台は得意。いずれも走破タイムは1分7秒7、好走ゾーンは基本的には8秒台~の馬だと思うので時計の掛かる今の馬場ならスプリンターズS以上に走れていいはず。
10歳と高齢、馬体も真っ白で確実に老いはあるはずなのですが、2週連続坂路で後傾ラップでの好時計をマークというのは2014年にスプリンターズSを勝った頃と変わらない稽古内容。

△ネロも少し時計が掛かった方がいいタイプで2016年スプリンターズSはスノードラゴンと同タイムで勝ち馬から0.1差。

あとは55kgになりますが◎と同じ父を持ち、距離短縮魅力のG1馬△レーヌミノルへ。

荒れる可能性が高いレースだと思うので馬券は馬連とあとは4頭と組んで三連複を手広く買ってみようと思います。

予想印と買い目

◎04ビップライブリー
◯08リエノテソーロ
▲11スノードラゴン
△09ネロ
△15レーヌミノル
馬連
04 → 08 09 11 15 各200
三連複
04 → 08 09 15 15 → 06 12 以外へ総流し(42点)

PR【弥生賞は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下

3月1週目は重賞3レース「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「弥生賞」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。

以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
2017年は「赤文字のコラボ@指数」が4着まで並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、弥生賞は見えてきた気がします。

そして、この弥生賞の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「オーシャンS」「チューリップ賞」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ