日経賞 2017 予想

日経賞2017の予想です。グレード制導入後の日経賞が16頭で行われるのは今年が初めて。頭数が揃った年は穴馬が好走する事が多いので、ちょっと人気を落としている馬から入ってみました!

PR━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
鉄板3点勝負
高松宮記念・ドバイワールドC

2鞍共に激走必至の穴馬が存在
50倍も狙える3点!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/12 中山6R  1万7430円的中
3/11 中京11R 5万6390円的中
3/11 中山6R  2万7940円的中
3/5  中山6R  2万9350円的中
3/5  小倉7R  2万0960円的中

>>>2鞍の3点勝負を見る方法はこちら

日経賞の傾向

日経賞は近年頭数が揃わない事も多かったですが今年はフルゲート16頭立て。調べてみると日経賞が16頭立てで行わたのは意外にもグレード制導入後初めての事。

14頭以上で行われた年を探しても過去7回しかなく、三連複ベースでは2004年が3.100円、2007年が770年でしたが、それ以降は2009年10.570円、2010年12.750円、2012年19.480円、2013年と2014年奇跡的にピタリ一致の11.320円と最近は万馬券決着が続いています。

ただ道悪だった2012年を除けば穴をあけた馬はいずれも格のある馬だったり、前走JCで善戦してる馬だったりですからそんなに変な馬が走ってる訳ではないんですよね。

そして路盤改修工事が行われてからの過去2年の結果をみると1~4着馬はすべてG1かG2で好走歴のある馬でした。

ここに日経賞の古いデータを加味するならば近3走以内に非重賞戦に出走していた馬の好走が多かったりもします。

今年もふつうに重賞実績ある馬から組み立てようと思います。

日経賞の本命馬は?

◎はアドマイヤデウスにしました。以前も何度か同じ事を書いた事がありますが、この馬はG1での成績が【0.0.0.9】に対してそれ以外は【5.2.4.0】と複勝率100%。

今回は転厩初戦なんでその辺は気になるところですけど、頭数の揃った日経賞はやや波乱傾向、だけどそれなりに実績ある馬が穴をあける・・・という条件で考えるとこの馬かなあと。

◯はゴールドアクター。追い切り映像観てちょっとびっくりしたのですが、強く追われている事もあるんでしょうけどJC、有馬の時よりも手足がしっかり伸びて好気配に見えました。昨年の有馬組上位はサトノダイヤモンド(阪神大賞典1着)、ヤマカツエース(金鯱賞1着)シュヴァルグラン(阪神大賞典2着)アルバート(ダイヤモンドS1着)と高レベル。

で、辻牧場の◎6歳アドマイヤデウスが来て、北勝Fの◯6歳ゴールドアクターが来て・・・という馬券を考えた場合、残り1議席はふつうに考えれば社台系生産の4歳馬になるはずで▲はレインボーライン。ヴァイス系内包馬の中山芝重賞は最近のトレンド。

同じくノーザンFの4歳馬△シャケトラ。

馬券は◎の複勝と◎◯から三連複2点、▲レインボーラインとのワイドで。

予想印と買い目

◎10アドマイヤデウス
◯12ゴールドアクター
▲09レインボーライン
△13シャケトラ
複10 4.000 × 5.7 = 22.800
三連複
10 - 12 → 09 13 各2.000
ワイド
09 - 10 2.000

PR.なんでこんなに穴馬がはいってしまうのか・・・

今週末は誰しもが注目している高松宮記念が中京競馬場で開催されます。

1200mという短距離レースで、スタートから目を離せない一戦です。

今年2回目となるG1レースであり、
4月以降のG1連戦の幕開けレースにもなりますので、
競馬予想をしている身としては、
このレースは何が何でも的中・配当を得て次につなげないところです。

個人的に考察していくと、各人気馬がそろう中、
レッドファルクスは軸馬として大きな魅力があります。
CBC賞を制し、なおかつ左回りの中京1200mを
最も得意なコースとしている馬です。

他にはメラグラーナやレッツゴードンキ、シュウジなどいますが、
レッドファルクスほど納得のいく状態ではありません。
馬券に絡むような、もっと有力な情報がほしいところです。

レース開催までどれだけ悩んでも納得の予想が決まらない時がよくあります。

そんな時は、恥ずかしいとか納得いかないという気持ちを捨てて、
予想サイトや新聞などいろんな所から情報を集めたっていいと思います。
予想がまとまります。

最近では難関レースを当てている予想サイトが多いですが、
その中でも、推奨馬◎○▲の精度が一番高かったと思うサイトがこちらです。

先週の3/19(日)『一獲千金』というコンテンツから出された予想です。

中山12R 4歳以上1000万円以下
『発走16:25』芝・2000m
〓〓〓〓〓〓推奨馬〓〓〓〓〓〓
◎(9)ロッカフラベイビー
○(5)トーセンラーク
▲(6)ブルックデイル
注(3)デルマサリーチャン
△(2)ヴェルジョワーズ
=============================
≪3連単:フォーメーション≫
1着(9)
2着(3)・(5)・(6)
3着(1)・(2)・(3)・(5)・(6)
【組合せ数:12点】
◆各1点:100円~ご参加可能。
当社推奨投資は1点1000円。
============================

先に結果を言うと、
1着(9)ロッカフラベイビー(2番人気)
2着(5)トーセンラーク(9番人気)
3着(6)ブルックデイル(5番人気)
当社推奨1000円:3連単:払戻金額1,827,100円的中

この一戦では1着こそ2番人気ですが、5番・9番人気を見事捉え、
182,710円の払戻に。

配当を考えると、このコンテンツは
1点~12点で1000円~を推奨。
つまり的中すれば必ず払戻金の10倍以上が手元に。

的中すればです。しかし、的中するんです。
なぜか。

実はこの予想サイト、「関係者ルートからも情報取得」できる唯一のサイトです。
つまり、無理に穴馬を狙わなくても、穴馬と思っていない馬が穴馬となるんです。
言っている意味わかりますか?

一般の人が知らない情報で馬を選定するので、人気が無い馬が入ってきます。
つまりそれが、このサイトでは本命馬になります。市場ではそれが穴馬になっています。
だから、◎○▲で的中できるんです。

また、レース結果9-4-1は339番人気の買い目。
いかに出回っている情報が不確かなもので、
いかに多くの人が的中を掴めていないかという事を証明できたレースでもありました。

この精度の予想を提供し続けている予想サイトを知れたことを貴重だと思います。

これからのG1連戦で、必ず必要になってくる情報源をつかんできます。
高松宮記念だけではありません。桜花賞・皐月賞・天皇賞春と続きます。

本物の情報で的中を掴みましょう。
→こちらからメルアド登録で予想が見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

One Response to “日経賞 2017 予想”

  1. 日経賞2017予想 ゴールドアクターの地力

    中山競馬 11R 第65回日経賞  の予想(2017/03/25(土)15:45発走)出馬表(netkeiba オッズは01:25現在より)予想◎12 ゴールドアクター昨年の覇者。昨年より相手強化の印象があるも中山での …

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ