ダイヤモンドステークス 2018 予想

ダイヤモンドステークス2018の予想です。ここはダイヤモンドS3連対の◎フェイムゲームから、少し買い目を絞って買ってみようと思います。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
フェブラリーS(GI)・鉄板3点勝負

ゴールドドリームを脅かす穴馬で
万馬券も狙えるプロの馬券
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中
1/28 東京9R 3万9500円的中
1/27 京都12R 1万2890円的中
1/14 中山12R 2万2650円的中
1/13 中京7R 2万3630円的中
1/8  京都10R 2万7420円的中
1/6  中山8R  2万1720円的中

フェブラリーSの3点を無料で見る方法


ルメール騎手の東京芝重賞8枠成績

上記は2015年以降=東京芝重賞におけるルメール騎手の8枠成績になります。

全部で11回走って【4.3.1.3】複勝率72.7%と素晴らしい成績を残してますね。

昨秋アルテミスSの時は同じ理由でトーセンブレスに◎を打ったのですが、この時は伸びきれず6着でしたのがそのリベンジも兼ねて、今回は再度8枠ルメール騎手をもう1度狙ってみようと思います。

ダイヤモンドステークスの本命馬は?

という訳で◎はルメール騎手騎乗のフェイムゲームにしました。

過去10年=単勝4倍未満の斤量増馬の成績は【4.0.1.1】勝率66.7%複勝率83.3%と好成績です。

明け8歳になりますが、前走もステイヤーズSで2着してますし、ダイヤモンドSは過去3戦3連対と得意舞台で、ハーツクライ産駒も6年連続で好走中。

◎が1番人気なので相手も少し絞って買いたいですね。

◯はホウオウドリームダイヤモンドSは過去10年4歳馬の成績が【4.3.4.12】複勝率47.8%と好成績。特に上がり3位内の脚を使えた4歳馬は【4.2.1.2】と優秀です。

また前走非重賞戦=単勝20倍未満=1着or1秒未満負けの斤量減馬は【2.4.4.14】複勝率41.7%とこちらも好成績。(重賞組の斤量減馬は【0.0.0.28】とこちらは全滅)

▲も4歳馬でレジェンドセラー。

前走条件戦組で斤量減の△リッチーリッチー。

馬券は◎から馬連3点、◎◯流しの3連複、◎▲△の3連複を買おうと思います。

ダイヤモンドステークス 2018 予想

◎14フェイムゲーム
◯05ホウオウドリーム
▲08レジェンドセラー
△07リッチーリッチー
×01 02 03 06
馬連
14 → 05 2.000
14 → 07 08 各1.000
三連複
14 → 05 → 01 03 06 07 08 各1.000
14 → 05 → 02  500
07 - 08 - 14  500

以上、ダイヤモンドステークス2018の予想でした!

PR【コンピュータに蓄積されたデータでフェブラリーSを攻略】

遂にやってきました2018年初のG1レース「フェブラリーステークス
そして「ダイヤモンドS」「京都牝馬S」「小倉大賞典」と重賞が4レースと楽しみな週末ですね。
的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「フェブラリーステークス」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
コンピュータに蓄積されたデータで予想精度が上がるので注目すべきは直近の過去データ
つまり「2017年のデータ」となるからです。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してみてください。

それでは分析結果です。

2017年は1着から3着まで指数予想の1位から4位までで決着する結果でした。つまり、注目すべき点は「上位4頭」「赤文字のコラボ@指数」です。
過去のレースからデータが蓄積され、しっかり反映されているように感じます。
2014年の1着馬以外すべて指数値30以下で決着しています。

このフェブラリーステークスの指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。
是非チェックして過去データと照らし合わせてみてください。
⇒ メールアドレス登録のみ無料で見れます

精度の高い指数の裏付けである豊富なデータにビックリします。
ダイヤモンドS」「京都牝馬S」「小倉大賞典
3つの重賞も「指数上位4頭」「赤文字のコラボ@指数」に注目して組み立てていきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えみませんか?
コンピュータが弾き出したデータで最少点で的中できたらいいですね。
⇒ 登録はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

この記事のトラックバック用URL

サブコンテンツ

このページの先頭へ